ビョーキの始まり

約一年前にベーチェット病と診断され、病気の事を知りたくてこのブログを始めました。今は子育てや二匹の猫たちのこと等、何気ない日々を綴っています。

虹彩炎?

2度目の発熱で抗生物質を飲み初めて3日目の夜。目が痛い…。


12月5日(土)

この日は、一年で2番目?に仕事が忙しい日で、夜には打ち上げで飲み会もありました。帰宅後、なんだか眩しくて目が痛いなぁと感じていました。そう言えば、朝から目が真っ赤でした。忙しくて気にしてなかったけど。


12月6日(日)

朝起きて、やっぱり眩しくて目が痛い。部屋の中でサングラスを掛けてみると、う~ん、なかなかいい感じ(*^^*)


この日は仕事が休みだったけど、昼から研修へ。車の運転もサングラス無しでは痛くて無理なので、ちょっとガラが悪いけど、サングラスを掛けて出発。暗いホールの中でも、ライトの明かりがやけに眩しい!目の充血も酷いから、休日診療している眼科に行くことにしました。


そこで「虹彩炎」と言われ、二種類の点眼薬を処方され、2~3時間おきに点眼するようにとのこと。日曜担当だった先生に、「明日必ず院長に見せに来てください」と言われました。何か大変な病気?と不安になりつつ帰宅。


帰宅した頃から、目の痛みは増す一方で、部屋の明かりも、瞼越しの明かりも痛くて、娘が作ってくれた即席のアイマスクをして過ごしました。(口に付けるマスクの中に、紺色のペーパーナフキンを畳んで入れたもの)これなら明かりを全く感じずいい感じ(*^^*)この状態で、娘に手助けしてもらい夕食。お風呂も浴室を真っ暗にして入りました。両目が見えないとかなり不便(T.T)


朝になると、点眼薬が効いたのか目が開けられたのでひと安心。都合よく仕事が休みだったので、眼科の院長先生に診てもらいました。溶連菌との関係も気になるし、他の病気の疑いもあるからと大きな眼科に行くことを勧められ、その日のうちに大きな眼科へ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。