ビョーキの始まり

約一年前にベーチェット病と診断され、病気の事を知りたくてこのブログを始めました。今は子育てや二匹の猫たちのこと等、何気ない日々を綴っています。

ぶどう膜炎

大きな眼科へ行きました。


車に乗って行かないようにとのアドバイスでバスで行きました。


近くの眼科で受けた検査と同じ検査をした後、炎症の数値を出す検査をしました。えーっと、瞳孔を開く検査があるだろうからバスで来たんだけど…。


病院に着いてようやく先生の診察。そこで言われたのは「これは原因が分からない事が殆んどなんだよね。分かることの方が珍しいんだよ。」と、原因は分からないだろうという説明を長くされた後、「それでも血液検査する?」と…。さすがに「いえ、じゃ、いいです…」と引いてしまいました。


ちらっと先生が言ってた「ぶどう膜炎」という病名。大きな眼科で分かったことと言えばその病名と、炎症の数値が、普通の人は10位なのに対して、私は右が40左が60と言うこと。


朝から、近くの眼科と大きな眼科に行きヘトヘト~(ToT)疲れた~と帰ってきて、ネットでぶどう膜炎を調べてみました。そこに出てきた「ベーチェット病」という難しそうな病気の名前。関係ナイナイ(^_^;とスルーしました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。