ビョーキの始まり

約一年前にベーチェット病と診断され、病気の事を知りたくてこのブログを始めました。今は子育てや二匹の猫たちのこと等、何気ない日々を綴っています。

出ました…B51…(T_T)

はっきりさせたかったけど、ついにこの日が…。


12月22日(火)

一週間ぶりに2度目の総合病院受診。


今日の予定は、先ず最初に眼科で眼底検査。


今回ぶどう膜炎になって初めての眼底検査。



診察の結果、両眼ともまだ炎症があるとのこと。特に後ろに炎症があるとのことでした。


前回、眼科の先生が何も聞いてくれなかったと書きましたが、前言撤回(^_^; 今回は血液検査の結果が出た後だと言うこともあり、とても丁寧に説明していただきましたm(__)m


先生によると…

以前大学病院で診ていたベーチェット病の眼科に来る患者さんの殆んどか失明しています…と…。


えーーーっ!!!((((;゜Д゜)))


でも、この総合病院には膠原病内科があるので、ここにもベーチェットの患者さんが集まってくる。そして初めて、軽い症状のベーチェットの患者さんが沢山いることを知りました…と。


あなたはその軽い方のタイプでしょう。


ほーーーっ…(-_-)


ただこれから、どっちに転ぶかは診ていく必要があります。もし悪くなったとき、眼科の治療には限界がある。今はベーチェット病に良く効く薬があって、それを使うと失明率がグンと低くなってきています。


その薬を使うには、ベーチェット病だと診断がつかなければ使えない。そこは膠原病内科の先生に頑張ってもらいましょう。うちの先生なら大丈夫!沢山患者さんを診てきているから。


…とのことでした。



眼科が終わり次は膠原病内科へ。


そこで血液検査の結果を聞きました。


確かネットで調べまくったときに出てきた、『B 51』…。それが陽性と言う結果。


先生から「国の特定疾患の申請を出しておいて。眼の事で薬を使わなければならなくなったとき、必要になるから。」


帰りに、事務の方より説明を聞いて、早速うちの管轄の保健所に書類を貰いに行きました。


バスでの帰り道、眼底検査の点眼の影響で、日光が眩しくて、バスの時刻表が見えにくかったり、顔が上げられず下を向いていました。


そして…、失明…、特定疾患…。


その事をずっと考えていました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。